nidi gallery

exhibotion

nidi gallery

exhibition

渡邉紘子展

「オアシス」

Hiroko Watanabe

“OASIS”

2021.6.18 fri – 7.1 thu

nidi gallery 企画展

Design: Daichi Aijima

会期

period

2021年6月18日(金)– 7月1日(木)

開廊時間 12:00 – 19:00
休廊日 水曜日 (6月23日、30日)

2021.6.18 fri – 7.1 thu

open 12 – 7pm
closed on wednesday(6.23, 30)

この度nidi galleryでは、造形作家・渡邉紘子の個展「オアシス」を開催いたします。本展は当ギャラリーでの4度目の個展となり、新作のインスタレーションを発表いたします。

「頭の中で描いた風景画の中に入りたい」という思いから、独自の空間を創り上げる渡邉紘子。日常のささやかな出来事にまなざしを向け、主に身近な布や糸を用いてその世界を生み出しています。「砂漠のチューリップ」や「homemade rainbow」といった詩的な作品を連ねることで構成されるインスタレーションは、渡邉の大切なものが詰まった宝箱のよう。様々な感情や閃きをユーモアを交えてやさしく語りかけます。

今回の作品は、新型コロナウイルスの到来と、自身の環境の変化によって起きた実体験から生まれました。非現実的とも感じる日常をテーマに、時に戸惑い、漂いながらも、新しい時代に向けて根っこを張らせるような、穏やかな力に満ちた最新作にご期待ください。

_

【新型コロナウイルス感染予防ご協力のお願い】

・マスクの着用と入場時の手指の消毒の協力をお願いいたします。

・発熱や咳などの症状があるお客様はご遠慮いただきますようお願いいたします。

・ギャラリー内が混雑した場合、入場制限をさせていただくことがございます。予めご了承くださいませ。

・開催に関して変更等が生じた場合は、当ギャラリーのホームページとSNSにてご案内いたします。ご確認の上、お越しいただきますようお願い申し上げます。

渡邉紘子 Hiroko Watanabe
1981年生まれ。多摩美術大学 テキスタイルデザイン専攻卒業。University of Art and Design Helsinki留学。日常の小さな出来事をテーマに、布などを使用したオブジェ やインスタレーションなどを制作している。2020年、代々木上原にアトリエ兼スペース「April Shop」をオープン。