Nidi gallery

2011.3.25 – 4.14
永瀬沙世写真展
“Water Tower”

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

この度、Nidi gallery移転リニューアルのオープニングエキシビジョンとして、ファッション、ミュージックカルチャー等の媒体で活躍するフォトグラファー永瀬沙世さんの写真展『Water Tower』を開催いたします。

独特の空気感でもって観るものの心を捉えてやまない永瀬沙世の作品。柔らかいニュアンス漂う作品であっても、根底には「つよさ」が感じ取れ、それは媒体や被写体に関わらず一貫しています。また、そこには、ゆるぎない「何か」を追求し続ける彼女の生きる姿勢までもが反映されているようにも思えます。

本展『Water Tower』では、新鮮な視点でもって、私たちを取り巻く世界においての他者との繋がりや関係性を紐解くような作品、約20点を発表します。

これまで「作品制作にあたり、対象物に共感し、自己を投影していた」と語る永瀬沙世ですが、2年ほど前から「自分への執着が自然となくなり、作品から自己を切り離すようになった」とのこと。今回はそのような新境地にて制作された作品群です。

海外でも高い評価を受け、スウェーデンの出版社 「LIBRARYMAN」より発刊される写真集『Asphalt & Chalk』の発表も行います。

ぜひ、この機会に永瀬沙世写真展『Water Tower』をご高覧くださいませ。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げております。

◯ 写真集『Asphalt & Chalk』( 225mm × 260mm / 32 pages / ナンバリング入り限定品 / Libraryman Co., Ltd : http://libraryman-sthlm.blogspot.com/ )
また、 写真展『Water Tower』を記念し、同タイトルの写真集の販売も行います。

※ 東北関東大震災の義援金として、作品、写真集『WATER TOWER』の売上げの一部を日本赤十字社へ寄付させていただきます。

永瀬沙世Profile
Sayo Nagase/フォトグラファー。1978年兵庫県伊丹市生まれ。ファッション、ミュージックカルチャー等の媒体で活躍しながら、その作品のすべてに自らの色を保ち 続けている。展覧会、写真集などの制作活動を精力的に行う。著書は2006年「青の時間~THROUGH THE LOOKING-GIRL~」(プチグラパブリッシング)。2011年3月にスウェーデンの出版社「LIBRARYMAN」より、写真集を発刊する。www.nagasesayo.com

【Nidi gallery 企画】