Nidi gallery

Fantastic Mirrors ☆

2011.5.24

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

先週、21日(土)にて終了いたしました、カゴアーティストYOSHIKOさんの“Mirror展”。(←展示風景UPしました!)たくさんの方にお越しくださいまして、誠にありがとうございました!

賑わう“Mirror展”。YOSHIKOさんファンの多いこと!!YOSHIKOさんは「これからも藤<とう>を編む人としてがんばります!」と、とても控えめに話しいたけれど、それにしても凄い人だ・・・!とそのモノ作りをされている姿勢にとても感銘を受けました。人を魅了してやまないものを創られる方に共通する何か、、YOSHIKOさんもその同じニオイがしました。

“可愛いもの”はどこにでもあるけれど、YOSHIKOさんによる“藤”の世界は深くみんなの心に入ってくる。。決してその魅力は表面的なものではなく、これまでに積み重ねられた経験や世界観はそんじょそこらのものではないですよね!これからも広がり続けるYOSHIKOさんの世界を、ファンのひとりとして心から楽しみにしています。

そして、今回の展示のディレクションをされたha!ha!ha! projectの柴田朋さん。可愛いもの、美しいもの、、が大好きなアイデアいっぱいの方でした。YOSHIKOさんの鏡の世界を映像作品を加えて演出されたり、、と見所溢れる素敵な展覧会をお二人で開いてくださいました。どうもありがとうございました!

今回、たくさんのYOSHIKOさんの鏡を目にして思うことがいっぱいありました!ガーリーな可愛さだけでなく、どこか奇妙な世界。新しい発見がたくさん。可愛くて、不思議で、、どこかヘンテコ!な抜け感。これが、YOSHIKOさんの世界の魅力なのですね。

そして、鏡って日常のものでありながら、ファンタジー的要素があるように思います。古典美術からコンテンポラリーまで、アートの世界でも鏡は大きな影響力を持ってきていて、不思議でいろんな解釈ができる存在。これからも私たちの生活からなくなることのないだろうアイテムをカラフルな藤でくるんである作品。これは、プロダクトとして存在しながらも、アートでもある。この共通した部分があるものは、消費されることなく、みんなの元で大切にされ、いつまでも残っていくものなのだろうな、、と思いました。

可愛くて幻想的だった“Mirror展”!とても素敵で、Nidiで展示してくださったことがとても嬉しかったです。ありがとうございました。

「やっぱりあのミラーが欲しかった〜」など後悔している方も多いことと思います。YOSHIKOさんに連絡したら、ご希望に合わせて制作してくださるそうです!是非に!!

次回、展示はステーショナリーブランドのLopiさんの展覧会となります。こちらもお楽しみに!(→ click!