Nidi gallery

永瀬沙世 “Water Tower” 始まりました!

2011.3.26

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

昨日3月25日(金)、移転オープニング・エキシビジョンとして永瀬沙世さんによる写真展 “Water Tower”が始まりました。

今回の企画展は昨年秋から永瀬さんとじっくりあたためて、計画して、、永瀬さんが制作に尽力してくださっていただけに、作品が新しい渋谷のギャラリーに並んだ時は感無量でした。

このように無事に予定とおり開催させていただきましたが、展覧会前に大地震が起こり、たくさんの方が被災して悲しみと困難がある中でみんなが必要としているものは?、、、リニューアルオープンをしている場合なのか、、何よりみなさんの安全のことを思うと開催できるだろうか、、などなど、本当に何度も何度も永瀬さんとギリギリまで状況の様子を考慮しながら、話合いました。

今も余震や原発の問題も続いていますが、やはり私たちができること、これまで心込めて進めてきた写真展を開催することではないか、、と。冷静にパニックを起こすことなく、進めることを選びました。そして、本来予定していた販売物である作品や写真集“Water Tower”のの売上げの一部を日本赤十字社へ寄付させていただくことに決めて、私たちができることをやっていこう!と。

そのような訳で、ギリギリまで開催を検討していたため、開催前に充分なアナウンスやDM郵送などができておらず、ごめんなさい!今回の展示は3週間と長いので、これからDMが届く方もいらっしゃると思いますが、、どうぞお許しを・・・。ぜひたくさんの方に見に来ていただけたら嬉しいです!

Water Tower = 給水塔。なんだか驚いてしまうほど、今の日本の状況にリンクしている、、。不思議な体験です。世の中には不思議なことが起こりますね。。。

沙世さんのメッセージが詰まった写真展、心がキュっと萎縮してしまっているかもしれない今だからこそ、響き方が変わってくるかもしれません。

ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく。みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

4月14日(木)までの開催です。(計画停電などの影響によりオープン時間に変更がある場合はギャラリートップページの「news」に記載させていただきます。)