Nidi gallery

アートな食べものと空間/FOODSCAPE

2010.11.4

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

昨日終了したデザインタイド2010“Pattern Crazy Cafe”(←イベント風景UPしました)。本当に沢山の方にお越しいただき、誠にありがとうございました!

パターン溢れる空間と食べものたち。Happyで甘い香りが漂うNidi galleryはこの5日間、ワイワイと、、時には大騒ぎでとても楽しい時が流れていました!

ポップで異空間な世界を作り上げてくださったのは、デザイナーの有村香織さん<シトロンデザイン>。主に店舗デザイン&設計などでご活躍されています。通常ではできないようなアイデアを実現化され、真っ白な空間をここまで変化させてしまうとはまさに脱帽です!本当にお疲れさまでした!そして、楽しい体験をさせてくださってありがとうございました。

そして、おとぎ話に出てくるような食べ物を作ってくださったのは、フードクリエイターの美才治(びさいじ)真澄さん。栄養士さんでもあって、ケータリングや飲食店のメニュー開発、雑誌などレシピ紹介などなどでご活躍されています。今年6月に出版された『トルコトラベルブック』。今すぐトルコに行きたくなるような素敵な本の著者でもいらっしゃいます。こちらの本もオススメです!

今回のイベントではカラフルでキッチュな食べ物を作られていましたが、この色も天然のものを使って作られているそうです。美才治さんは「見た目も味も美味しく!」を大切にされているそうで、かわいいだけでなく、口にする方のことも深く考えられているとのこと。美才治さん、これほどたくさんの手の込んだ食べ物を毎日がんばって作ってくださって本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

いつもNidiにお越しくださっている方は特に扉を開けて「場所を間違ったかと思ったー!」とみなさん楽しい驚きをされていました。マンションの雰囲気から一変して、このポップな空間が広がるなんて夢のようでした。。

FOODSCAPEさん(有村さんと美才治さんのユニット)に出会って、食べ物と空間、色と食べ物の関係にとても興味を持つようになったし、「ププッ」と笑ってしまうような遊び心が私は大好きです。空間が欠けても、食べ物が欠けても成立しない世界、、それがFOODSCAPEさんの活動なのだなーと思いました。

FOODSCAPEのおふたり。

私が今回一番衝撃&興味津々だった『タコのポテトボール』(タコ、、ドットですね!)

インターナショナルなイベントのデザインタイドだけに、いろんな国の方も訪ねてくださり、いろんな世代の方も来てくださって、私も一緒に参加してたくさんの方と触れ合えて楽しませていただきました。

お忙しい中足を運んで来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。またお目にかかれる時を楽しみにしております!