Nidi gallery

“お隣の国のお茶席”と“おはなし会”のお誘い

2010.10.12

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

秋も深まり、随分と心地良い季節になりましたね。今年の夏は暑さが厳しく、「なーんにもできない!」と“動物園にいる白くまの夏”のようにぐったりした日々も多かったので、気候も良くなって「あれもこれもしたい!」とひとりで盛り上がっている今日この頃です。みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、そんな気候の良い秋にぴったりなお誘いがあります!

来月11月12日(金)と13日(土)に“尼僧さんのおはなしと本格台湾茶席の午後”というイベントを開催します。(詳細はコチラ→ click!

先日、9月に写経カフェが行われたNidi。偶然にも今年後半には2度も尼僧さんがギャラリーに足を運んでくださることになりました!ギャラリーに尼僧さん、、なかなかない組み合わせかもしれませんね!

写経カフェで写経の手ほどきをしてくださったのは深大寺の緑川明世さん。とても穏やかで包み込んでくれるような優しさでいっぱいの、行動力溢れる方でした。そして、今回“おはなし会”を開いてくださるのは、浄土宗の掬池郁晃(きくちいくこう)さん。

掬池郁晃さんとの出会いはまさにこのNidi galleryです。郁晃さんは実は私と同じ歳。剃髪などもされていないことから、私たちにとってとても身近で感覚や“思うこと”が似ているように思います!そして、しっかりした考えをお持ちで国際的活動もされていて、、その上、洗練されたおしゃれさんなところも同じ女性として憧れです。。

「仲良くなりたいなー」と普通に思ってしまうほど、壁がなく、いつも穏やかにお話を聞いてくれるのです。私は特におしゃべり大好きなので、、笑。郁晃さんとお話した後は、自然と心の芯のあたりが「ぽっ」と温かくなって、肩に力が入ることなく前向きになれるのです。ありのままの自分を受け入れることができるように導いてくれて、人にも優しくなれる感じになるのです。帰り道、スキップしたくなる感じです。

そのことに気付いた時に、仏教の信仰云々の枠を超えて、フレキシブルな形でぜひNidi galleryに足を運んでくれるみなさんにも郁晃さんをご紹介できたら!と思ったことがきっかけで、ずっと温めてきた企画です。

そして、おいしいお茶がそこにあったら楽しいのでは!?と思い巡らせていた時に出会うことのできた『藤花茶居』さん。雑誌などのライターをされている藤森陽子さんが店主をされている台湾茶のケータリングです。ライターさんならではの知識、選りすぐりの茶葉やかわいい器で、本格台湾茶席の世界に連れて行ってくれます。日本の茶道と同じく、どの国にもお茶の作法は存在して、飲み方も興味津々です。おいしいお茶の香りを楽しんだり、飲んだりしながら、身体も心を温かくして、異国文化に触れる午後のティータイム。

アットホームなNidiの空気の中で、リラックスしながら仏教の穏やかな考え方や新しいものごとを吸収できる体験型イベントです。

掬池さんも国際的活動をされているので、この異国文化とのコンビネーションは楽しそうです。アートもファッションも食べ物も思いっきり楽しい秋!ぜひ、合わせて、心の部分にも注目してみませんか?

本日よりお問い合わせやお申し込みの承りをスタートします。ぜひCONTACTからお気軽にお問い合わせ&お申し込みくださいませ。みなさまとワイワイ楽しい午後を過ごせることを楽しみにしております!

※写真のお茶は私が先日いただいた中国茶です。藤花茶居さんのお茶とはまた異なって参りますので、ぜひ楽しみにしていてください!