Nidi gallery

夏ビール!トークショー!

2010.7.26

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

昨日の日曜日には、先日から告知をしていたトークショーが開催されました。

写真は左から、小野英作さん、伊藤弘さん、岡本仁さん、山野英之さん、水島己さん(黒い帽子を被られた後ろ姿の方です。みなさんと向き合ってお話を引き出してくださっていたので!正面から撮影できず申し訳ないです。。)

休刊してしまった大好きな雑誌『 relax <リラックス>』(今でも自宅で大切に残しています。)の編集長の岡本仁さんも特別参加してくだり、小野さんと山野さんとの仕事の関係、小野さん、山野さんがどのようなキャラクターの方なのか、などなどこれまでのことをお話してくださいました。

今回の印象的な展覧会タイトル『頭で考えて、手で描いた。』は小野さんが考えられ、「DMのデザインとしては手書きの文字がいい!」とのことで、文字は山野さんが書かれたそうです。小野さんがアートディレクションをされていた訳です!

そして、何故、普段Mac作業のお二人が“手で描いた”作品を発表するに至ったのか、など司会の水島さんが沢山お話を引き出してくださり、とても興味深かったです。

“Mac作業”と“手作業”では、脳の使う部分が違うのか、、。などなど。そして、“デザイン”というアプローチで制作をすること=構成という観点に比べ、“描く”ことは感情や心理からくる楽しさのある違った種類のもので互いに脳を刺激し合えるのだろうな、と私なりにお話から理解させていただきました。どちらも楽しい作業には変わりないのでしょう!

そんなお話をしながら、山野さんがご自身の作品の説明を始めたときの活き活きした姿!!

小野さんの作品とのコントラストがなんとも言えない魅力の今回の二人展ですが、トークショーでもそのエッセンスがちらほら・・・

山野さんの真剣&おもしろ話に、伊藤さん、小野さんのすばらしいツッコミ?(引き締まる!)のやり取りがこれまでのお仕事の親交と信頼の深さを感じ、そして楽しく、総勢5名男性陣のトークショーはとどまることがありませんでした。

そう言えば、「梅雨明け!ビール!」を今回の展覧会を開いてくださる前から、山野さんが口にされていて、よっぽどビールが好きなんだなーなんて、思っていましたが、確かに、この午後にビールナシなんてありえないですね!

と言う訳で、ビールを飲みながらのトークショーはNidiでも初の試みでしたが(アルコール販売等はしておりませんでした!念のためご報告。)、楽しい夏の夕刻でした。

お忙しい中すぐにお申し込みをしてくださったみなさま、そして、猛暑の中、トークショーに足を運んでくださり、誠にありがとうございました。

また、当日、突然の依頼にも関わらずトークショーメンバーに加わってくださった岡本さん(本来は観覧に来てくださっていたのでした。。)、そして、ご多忙な中トークショーに参加くださった伊藤さん、小野さん、山野さん、水島さん、楽しいお話をありがとうございました!

ちなみに、小野さんの作品がテーブルとなった贅沢なトークショーに加え、最後は山野さんのポエムの朗読によってトークショーの幕は閉じられたのでした。(このポエムを聞くことができた方はかなり貴重!かなり面白く、私は感銘を受けました!笑)