Nidi gallery

Lucky Day !! by Van Cleef & Arpels

2010.7.9

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

さてさて、今回はNidiのお話とは変わってきますが、心ときめく7月7日の七夕の日、『ヴァンクリーフ & アーペル 』の新作ジュエリーウォッチの発表会 “Lucky Day 7.7” にお誘いいただき、行って参りました!(今回のブログはいつもより更に女性に向けてのものになってしまいますね・・)

『ヴァンクリーフ & アーペル』(以下、VCA)は永遠の憧れ・・・。特に10代の頃はロマンティックなモチーフものよりもよりミニマルでシンプルなものに惹かれていた、、とんがりめの私でしたが、今の私は、高級ジュエリーブランドだと『VCA』が一番好きなブランドです。

なかなか縁のない世界ですが、、いいんです、、妄想の世界ですから。刺激を受けて、心ときめくだけで心の栄養になります。それは、単に”高価”だからいい!とかでなくて、その歴史、さまざまな人の想い、壮大なテーマやトリックがあったり、、、継承されてきたクラフツマンシップでもってしか作り出せないようなナチュラルなモチーフがなんとも言えない表情で形にされているからです。(ごめんなさい。VCAさん。眺めてばかりで購入できない私をお許しください、、)

今回のブログのトップ写真のシックなブラックの時計が、新作発表されたジュエリーウォッチ。幸せの象徴 “四葉のクローパー”(←アルハンブラでみなさんご存知の定番モチーフですね!)のラッキーチャームの付いた時計なのです。チャーム自体が幸運のお守りの象徴なので、四葉のクローバーがチャームだなんて、これ以上にラッキーなものはないですね!小ぶりのラッキーキャームがゆらゆら。。ため息ができるほど、美しいです。

そして、他にも惹かれた時計は『ポエトリー オブ タイム』シリーズ。こちらは妖精をモチーフにされた時計。妖精のステッキが“時”を示して、羽根が“分”を示す、、というチャーミングな表現。なんてロマン溢れる世界。『ポエトリー オブ タイム 』シリーズはたくさんあって、どちらも素晴らしく、、、ブログでは書ききれません!恋人たちが橋の上で、0時と12時の1日に2回、橋の上でキスをする時計など、、見るだけで胸キュンです。(→ clik! )ファンタジーの世界に引き込まれてしまいます。

さらにギョッとするお値段のゴージャスな時計も!!じっくりと時間をかけて拝見させていただきました。テーマやストーリー、トリックなどが興味深すぎて、質問攻めする私にクールなフランス人の関係者の方は引き気味だったようですが、、。でもつい夢中になってしまう私はどこに行ってもワクワクモードになってしまいます。

食べるのがもったいないぐらい可愛いフィンガーフードでのおもてなし!

大好きなVCAのロゴマーク!!

美しいものに触れる機会があることはありがたいことです。伝統あるものがいい形で続いてゆくことって素晴らしいですね。ああ、、ほんのり夢気分にまた引き戻っています。。