Nidi gallery

ケーキのようなリース作り教室〜1日目〜

2008.12.8

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

12月5日の金曜日と6日の土曜日、リース教室を開催しました。本日UPした写真は、金曜日のみなさまの作品です。

ケーキのようなリースを作ろう、という企画。ご参加いただいたみなさまが制作したリースは、本当にケーキのよう。お店で売られているのと同じぐらい完成度の高いものが出来上がりました。ずっと大切にしたくなるようなものばかり。こういったデザインのものであれば、クリスマスシーズンに限らず飾れます。

これらのリースのベースとなる素材は、先生の助川奈保子さんが選んでご用意してくださいました。ドライフラワー、ドライリーフ、木の実、鳥の羽根、リボン、、、など質のよい素材。色合いも素材感もぬくもりのあるもの。羽根のような植物があったり、不思議なテクスチャーの見たこともないようなドライフラワーやリーフを見て、自然の豊かさを感じました。

和気あいあいとおしゃべりをしながらリース作りを始めていたら、気づけば「シーン」となり・・・。みなさま、リース作りに黙々と集中されていました。中には、「仕事ではこんなに集中できないのに!」と冗談を交えてお話される方もいて、楽しいひとときが流れました。
 
本当は、途中で息抜きのティータイムを・・・と思っておりましたが、とても途中で手が止まる雰囲気ではなく、完成まで突っ走って3時間。きっとみなさま、終わったらぐったりだったことと思います。

ギャラリーの大きな壁に完成したリースを飾ったり、床にディスプレイしてみたり、、、と、リース制作に合わせて、もうひとつ楽しさが待っておりました。最終的には、アイドルの写真撮影会のような、熱い撮影会が予期せぬ雰囲気で始まり、これも楽しい光景でした。

その後の、ティータイムには、助川さんのご友人の茅ヶ崎在住の富パンさんの手づくりパンをいただきました。ひとつは、りんごとチーズクリームのにこちゃんパン、もうひとつは、りんごとくるみのキャラメルマフィン。かわいくて、程よい甘さのぬくもりを感じる美味しいパンでした。また、ご参加くださった方が美味しいクッキーを焼いてきてくださったり!ごちそうさまでした!ケーキのようなリース作りのあとには、甘いティータイムで締めくくり、1日が終わりました。ご参加くださったみなさま、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。