Nidi gallery

パンのお話、ひきつづき/Le Boulanger Dominique SAIBRON

2008.11.13

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

明日の14日(金)から16日(日)の3日間、“Hand made hat & Embroidery 帽子と刺繍の展覧会”が開催されます。関西から、帽子作家、A-Na(アーナ)の中島 梓さんと、刺繍作家、Atelier nico(アトリエ ニコ)の木部訓子さんがいらっしゃいます。帽子や刺繍といった、手づくりならではの作品たち。お二人の共同作品もあるとのこと!とてもとても楽しみです。

ところで、今日の写真もパン・・・。前回のパンのお話繋がりです。

“ル ブーランジェ ドミニク・サブロン”。赤坂駅を出てすぐの赤坂サカスにあるパン屋さんです。マキシム・ド・パリの隣です。以前から、このブログでおすすめしたかったお店のひとつ。

ニーディギャラリーがオープンしたのは今年の6月。その頃は、ギャラリーから離れられず、赤坂の街をあまりウロウロできませんでした。そんな時、友人が「話題のパンだよ!」と買って来てくれたパンが“ドミニク・サブロン”でした。「美味しいね〜」とワイワイ食べて以来、「買いたいな〜」と思って、”ドミニク・サブロン”あたりをウロウロしては、パン屋さんの前の長蛇の列に近づけずにいました。

ようやく最近、その異常な盛り上がりも少し落ち着き、よく店内が人でギュウギュウにはなっているものの、普通に買えるパン屋さんに・・・。ギャラリーにもその紙袋を持っていらっしゃる方も多いです。先日もお土産でいただきました。ありがとうございました!

ここのところ寒かった東京も、今週末は気温も上がりお天気になるようですね。ぜひ、“Hand made hat & Embroidery 帽子と刺繍の展覧会”に誘い合わせの上、遊びにいらしてください。パンが好きな方は赤坂駅で、“ドミニク・サブロン”もぜひ。