Nidi gallery

連休

2008.11.2

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

額縁に飾られている作品は、左から、『Natsuko Sakurai(ナツコ サクライ)』『Sansonnet(サンソネ)』『Kum*(クム)』『yukunia(ユクーニャ)』です。
 
ギャラリーはすっかり乙女な空間となっています。ブランドごとに区切られるのではなく、混じり合いながらひとつの世界が作り上げられています。展覧会のタイトル『ネックレス展〜4人の女性作家によるネックレスの共演〜』、、、まさに“共演”だなぁと、かわいい作品を眺めながら思います。

さて、今日はは休日ということもあって、ギャラリーに子供さんを連れていらっしゃる方もいてワイワイと賑やかでした。女の子が大事に持っていたバッグの中から、ちらりと見えたピンクのブラシ。かわいいブラシを持ち歩く女の子を見て、”乙女”を感じました。ギャラリーの雰囲気にぴったり。

大人しくママに着いてきた彼女は、私にバッグに入っていた折り紙を取り出して、上手に鶴を折って見せてくれたり、あやとりで『ほうき』を作って見せてくれたりしました。あやとり、、、すっかり忘れてしまった遊び。今もあやとりをみんなするんだ!と懐かしく思いました。

連休の穏やかで楽しい時間がギャラリーにも漂った1日でした。明日は連休最終日。ぜひお時間があれば、『ネックレス展』にお立ち寄り下さいませ。みなさまのお越しをお待ち申し上げております。