Nidi gallery

夕しじま食堂

2009.10.10

facebookでシェア twitterでツイート このページのリンク

blog091010昨日の晩は「夕しじま食堂」にお招きいただき、行って参りました。

築地のとあるビルの中、雰囲気のある「夕しじま食堂」は食のイベントです。

このイベントはNidiギャラリーにも時々足を運んでくださっている雑誌等で活躍中のライターさんの企画で、今回は貴重な第一弾でした。秋を楽しむ“食”のイベントとして、お月見団子や実り多き秋を感じるお料理がたくさん並んでいました。

こちらのお料理を作られたのは、フードクリエイターの美才治真澄さん。美才治さんのお料理はどれも美味しくて、お野菜たっぷり。身体にスっと入ってくるような心地よいものばかりでした。美才治さんはブラジル留学でビーガンフードを学ばれて、ビーガンカフェ「cafe Eight」でフードディレクターをされていたそうです。

今回はビーガンフードということはなく、“満月卵”というタイトルの土佐ジロー卵のみそ漬けや“里芋とビーツのニョッキ“、“宮崎産カキのコンフィ”といったメニューも並んでいましたが、どちらのお料理にも野菜がふんだんに使われていて、身体に心にもやさしいものばかりでした。さすが、野菜を知り尽くしている!と言った感じでした。

”フレッシュカリフラワーのカルパッチョ”のカリフラワーのシャキシャキとした歯ごたえと素材が活かされたほどよい味・・・。もう一度食べたくなってしまいました。ニョッキも・・・舞茸のパウンドケーキも美味しかったな、などアレコレと思い出していると昨日のお料理のことが頭から離れません。

・・・とお料理ブログのようになってしまいましたが、楽しいイベントで今年の秋の思い出がひとつ増えました。

ちなみに「夕しじま食堂」の名前は「夜のしじま」などで使われる「しじま」から来ているのだそうです。夕方から夜にかけてのどちらともいえないような時間帯、しじま(静寂)の空気感が「夕しじま」という言葉に表現されていて、そのあたりの時間、お仕事を終えた後にふらりと立ち寄りたくなるような「食堂」という意味を込めて名前をつけられたそうです。とても印象的で素敵な響きですね。

企画をされているライターさんは本当に溢れ出るアイデアをお持ちの方です。Nidiギャラリーでもこのような食のイベントを開いていただけたらいいな、と思っています。また、その時はお知らせさせていただきます!
blog09101001